天気と釣りの関係を知ろう!!【海釣り初心者講座3】


どうも、釣り超初心者のまさとです。

今回の海釣り初心者講座は、天気と釣りの関係を知ろう!!です。

風・雨・気圧は、釣りにどんな影響があるのでしょうか?

さっそく、見ていきましょう!

風の影響とは?

風も釣りには、大きな影響があると言われています。

風があたえる好影響としては、

  • 海面温度を冷やす
  • 海水の酸素濃度をあげる
  • 流れを起こして魚を活性化する

などが、あげられます。

風が吹くと気化熱の影響で海面の温度が下がります。

熱帯魚を飼っている人なら分かると思いますが、
水槽にファンと言われる扇風機の小さい奴をつけるだけで、
水温が2,3℃は簡単に下がります

夏などは、海面温度が高いと魚の動きも鈍るようで、
水温が下がればそれだけ、活発に動きます。

そして、前回にご紹介した潮の影響と同じで、
海水が移動すると、釣果に良い影響がありますね。

と、いい事も多いのですが、
当然、悪影響もありますよ(;´д`)

それは、

  • 仕掛けを操作できない
  • アタリを取りにくい
  • 狙った所に投げれない

と、初心者には何のことか、よく分かりませんが、
ようは、釣りがやりにくくなります!

本では、風速6mまでなら我慢しながら、釣りが出来ると書いてましたが、

我らが師匠の海坊主さん曰く、
風速4mの風が吹いたら、繊細な釣りなら何もできないそうです。

そこで、風が強い時の対処法ですが、

  • 風裏を探す
  • 風を背中から受ける

まずは、風裏を探すですが、風裏の意味が分かりませんね?
(私は知りませんでした^^)

風裏とは、簡単に言うと風が当たらない場所です。

陸や建物などの障害物を利用して、風を当たらない場所を探して、
そこで釣りをするといいと言う事ですね。

ちなみに、風裏の反対に風を受けれる場所を風表と言いますが、
それぞれ季節によって、釣果にも影響があります!

一般的には、夏から秋にかけては、海面温度がさがる風表が良く釣れて、
冬から春にかけては、温度が下がりにくい風裏の方が良いとされています。

まぁ、真冬に風表では、寒すぎて釣りどころではありませんが^^

a1180_002825

そして、風を背中から受ける方法ですね。

風を背中か受けることで、仕掛けを風にのせて、
遠くまで飛ばせるというメリットがあります。

また、上級者になると、普段届かないポイントに、
風を利用して、狙って投げるというテクニックもあるようです(;゚Д゚)!

ただし、遠くに投げる必要のない釣りの場合は、
横風にだけ注意すれば、あまり気にならないようです。

横風の場合は、ライン(釣り糸)が風に流されて、仕掛けの操作ができません。

向かい風の場合は、遠くに飛ばすのは難しいですが、
仕掛けの操作自体には、さほど影響無いと言われています。

なので、風が強い時の風を受ける方向の優先順位は、
背中>正面>横側という感じですね。

ちなみに、強風を背中に受けるときは、突風に注意してください!

そう言えば、ベテラン釣り師のみなさんは、
強風の日をどう言う日と捉えて、どんな対策をしているのでしょうか?

と、ここで、いつもの名物コーナー

教えて~!海坊主さ~ん!!

風は、特に繊細な釣りをするときには邪魔でしかたありません。そんな日の攻略法もあるにはありますが、無理に釣行することもないでしょう(え?)。

だって底は取れないし、糸は流されるし、寒いと体力は奪われるし。

それでもどうしても行きたい、知らずに行ったら爆風だった、という場合。そんなときは可能な限りオモリを重くし、て底をとりやすくしましょう。それから糸が空中になるべく露出しないように、竿先をなるべく水面に近づけましょう。

あとは風裏を探しましょう。とはいえ、風が強くなるのは大抵冬。そのときの風の基本は北西の風です。そして大阪湾は北西の風に弱い!!地図で見ていただければわかりますが、風裏が本当に少ないです。。。

やっぱり、無理しないのが一番ですね。

ありがとうございました( ´▽`)

やっぱり、底が取れないと、釣りになりませんからね・・・。

うん?底をとるって?

それは、海釣り初心者講座9で!
こちら⇒釣り場でのポイントの狙い方!

雨の影響とは?

雨がもたらす影響は多いです。

雨が降ると、酸素濃度が増えて、海水温度が下がるので、
夏場だと良い影響がありますが、冬場だと厳しいです。

また、例えばイカなど真水に弱いので、
雨が降ると深い場所に移動してしまいます。

そうかと思えば、

河口域では、水流が激しくなるので水が濁って、魚の警戒心がうすれたり、
雨の音で、人間の移動する音などを消してくれる効果もあるので、
釣果に良い影響があると言われています。

と言う事は、何の魚を、どんな釣り方で狙うかによって、
良くなったり悪くなったりするという事です。

つまり、色んな釣り方をマスターすれば、天候にあわせて、
釣り方や魚種を変えることで、喰いが悪かったときでも、
雨をきっかけに、爆釣モードに入ることができますよ~!

ここで、格言!

『天気図を支配すれば、爆釣できる!』byまさと

と、初心者の格言はさておき、
海坊主さんは、雨の時にはどんな対策をしているのでしょうか?

教えて~!海坊主さ~ん!!

雨が降って塩分濃度が下がった潮を水潮といい、塩分が濃くないと辛い魚は深場へ潜ったりして逃げてしまったりもします。ちょっと厳しい状況です。

ただ、汽水域(淡水と海水が混ざる水域)に居る・耐性がある魚、具体的にはスズキ、ボラ、チヌ、カタクチイワシ、コノシロ等々は、濁りが入って警戒心が薄れ、つりやすくなったりもします。

河川で狙うシーバスゲームなどは、雨上がりでにごりが入っている(カフェオレまでいくとつらいけどw)とよく釣れたりします。

ありがとうございました( ´▽`)

気圧の影響とは?

最後になりましたが、気圧の影響についてです。

僕も理科は得意ではないので、難しいことは分かりませんが、

1気圧=1013hecto(ヘクトパスカル)で、
1気圧よりも気圧が高いと高気圧と言われ、
1気圧よりも気圧が低いと低気圧と言われます。

高気圧の時には、晴れてきて、風が弱く気温が上がりやすく、
魚は深い場所にいます。

反対に、低気圧の時は、雲で光の量がすくなく風や波が強くて、気温が下がりやすいので、
魚が活性化して、釣りにはチャンスの釣りやすい場所にいます。

といっても、低気圧の時は、人間にとっては、
あまり喜ばしい環境ではないので、なんとも言えませんが・・・。

この話を聞いて、気象庁の天気図を見ると、
キッチリと高気圧と低気圧が書かれているので、
釣りに行く前には、参考にしてくださいね。

って、そこまで実際の釣りには影響はあるのでしょうか?

教えて~!海坊主さ~ん!!

高気圧は下降気流を発生させるので水が押され、魚も下に下がります。低気圧はそもそも押さえつける空気が少なく、また上昇気流を発生させるため魚が浮いてきます。狙うべきタナ(深さ)が変わってくるんですね。

ありがとうございました( ´▽`)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る