釣った魚はどうする?締め方や保存方法!!【海釣り初心者講座11】


どうも、まさとです。

今回の海釣り初心者講座は、魚が釣れた後はどうするかについて!

魚が釣れると嬉しいですが、
さて、その魚をどうしますか?

それでは、今回もいってみましょう!

やった!!魚が釣れたその後は・・・?

まずは、おめでとうございます!

良かったですね^^

初心者講座も11回目にして、
やっと、魚が釣れました!!!

実は、釣った魚の処理の仕方次第で、
本物の釣り人か、ど素人かに分かれます!

魚が釣れたら、基本は2つの選択肢しかありません。

それが、持ち帰るかリリースするかだけです。

持ち帰る理由としては、

  • 美味しく食べる!
  • 家で育てる!
  • 何かの研究に使う!
  • 後日、餌として使う!

など、明確な理由がある場合ですね。

釣った魚が小さい時や、持って帰っても食べない時は、
すぐにリリースして、海に返しましょう。

この2つ以外の方法は、
例えば、釣った魚を堤防などにそのまま放ったらかしにするとか、
明確の目的もないのに、クーラーに入れて殺すなどは、
本物の釣り人だとは、言えません(゚Д゚)ノ

もしも、狙っている魚ではないのが釣れて、
ハリを外す時に、間違って死なせてしまっても、
海に戻すと、魚の餌になり循環します。

釣りは魚がいてこそです。

sea-79950_640

私たちを楽しませてくれる魚を、
無闇に殺生するのはやめましょうね!

釣った魚を美味しいく食べる!

ほとんどの人が食べる為に、釣った魚を持ち帰ると思いますが、
せっかくなので、美味しく食べたいですよね^^

その為に重要なのが、締め方と保存方法です。

ここをちゃんとしないと、一生懸命に釣った魚が、
生臭かったり、水っぽかったりで美味しくな~い!!!
なんて、残念なことにもなりかねません((((;゚Д゚))))

そこで、美味しく食べるためのポイントをご紹介します。

魚の締め方!

魚を美味しく食べるには、新鮮な状態で持ち帰る必要があります。

新鮮さを保つのに必要な処理が、締めと血抜きです!

釣った魚を生きたままクーラーに入れると、
暴れて体に傷が付いたり打撲によって、血がにじみ、
その血の臭みが、魚肉について味が落ちてしまいます。

締めるとは、釣った魚を暴れなくする為に、
即死させる事です。

一方、血抜きとは血を抜かずに死んだ魚も、
血の臭みが全体に回り、生臭くなり美味しくありません。

しっかりと血抜きをすることで、鮮度が落ち難くなり
美味しさを保ちやすいです。

要するに、魚を美味しく持ち帰るには、
魚にストレスをかけずに即死させることが重要と言う事ですね。

しかし、魚の大きさによって、締め方が違うので、
それぞれにあった締め方を見ていきましょう!

活き締め

鯛やスズキなどの中型以上の魚を、締めるときには、
この活け締めを、使うことが多いです。

魚のエラの部分から包丁を入れて、背骨と大動脈を切断します。

さらに、尻尾の付け根にも切れ目を入れてから、
海水を入れたバケツにつけて、血を抜きます。

神経締め

大型魚で使われる締め方で、
大型の魚の場合、活け締めをしても、
しばらく、痙攣したり暴れる事があります。

そこで登場するのが、神経締めです。

神経締めをすることで、痙攣を抑える効果があり、
魚肉を痛めるのを防ぎます。

神経締めには、専用のステンレス線を使って、
魚の脊椎の神経を破壊します。

通常は、鼻の穴や、目と目の間からさして行うが、
初心者のうちは、頭の付け根を背骨ごと切って、
見やすくしてからの方が、やり易いのでおすすめです!

サバ折り

アジやサバなど中型で細長い魚を、締める時に使います。

サバ折りのやり方は、
背中の方から魚の身体を、片手でしっかり掴んで、
残っている片方の手で、頭を握ってそのまま一気に、
頭を反らすようにして、背骨を折ります

背骨を折る時に、心臓とエラをつなぐ血管が切れるので、
そのまま、血抜きも出来ます。

相撲のサバ折りの技のように、
背骨を折るイメージですね。

氷締め

小型のアジ、サバ、イワシなどで使う締め方

やり方は簡単で、クーラーの中に、
氷と海水を入れて、キンキンに冷やしておいて
釣れたら、すぐに入れるだけです^^

これだけで、鮮度が保たれ美味しくまま持ち帰れますよ!

初心者のうちは、この締め方を一番使うと思うので、
是非覚えておきましょう!

魚の保存方法!

上手に締めても、保存の方法を間違えて持ち帰ると、
せっかくの新鮮な魚の味が、落ちてしまいます。

氷締めなどをして、クーラーの中に水が入っている場合は、
クーラーの底から、水をしっかり抜いてから、持ち帰ります。

海の魚は、真水につけたままだと、浸透圧の関係で、
すぐに味が落ちてしまいます。

そして、魚の身が氷に直接当たったままだと、
変色したり硬直したりします。

そこで、おすすめの方法は、
海水と氷を入れたクーラーの中に、
あらかじめビニール袋を入れておいて、
釣った魚は、その袋に入れる方法です。

これなら、直接水や氷に魚が触れることがないですし、
家につけば、袋を取り出すだけなので楽チンですね^^

もっと言えば、釣りに行く何日か前から、
海水程度の塩水を作って、大きめのタッパなどで、
氷を作っていくと、溶けても真水にはならないので、
魚の鮮度を、更に保ちやすくなりますよ~!

また、大物が釣れた場合は、しっかりと締めと血抜きをしたあと、
新聞紙やタオルに巻いて、氷に直接あたらないようにして、
持ち帰るようと良いです。

ちなみに、持ち帰った魚は、
刺身で食べるならば当日か、遅くても翌日には、
食べるようにしましょう!

保存する場合は、エラと内蔵を処理して、
冷凍庫で保存すると、しばらく持ちますよ~。

さて、今回もあの人に質問しましょう!

初心者でもできる簡単な締め方、おすすめの持ち帰り方、
その他、魚を釣った後に、気を付けている事があれば、
教えてください!!

教えて!海坊主さ~ん!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る